とんかつにっき|うつ・パニック障害18年生

とん活(お布団で過ごす時間をもっと楽しく!活動)はじめました。

家族のこと

プレ空の巣症候群

ついに! 娘が! 家を出ることに! なるかも知れません。 片道2時間をかけて大学に通う娘。一人暮らしについては、初年度は自宅から通うことを条件に、幾度となく話し合いを重ねて来ました。 部活動や資格試験の勉強のため、娘が大学を出るのはいつも21:30…

あたらしいあそび

視力を失ってから、以前のように活発に遊ぶことはなくなったおちぃ様。 それでも最近は新しい遊びを覚えたようで、 おもちゃにただ寄り添ってみたり、 若い女(娘)の脇に顔をうずめたりしています。 ……私にしないのは何故?

ミュート

母が電話口で訴えるには、父がまた「困ったちゃん期」に入ったという。 私にとって父は、永遠のMr.ストレスである。 父の話が耳に入って来るだけで、MPがゴリゴリ削られていくのが分かる。 母には悪いが、精神衛生上しばらく父の話は聞きたくないと伝えた。 …

ベテランの小鳥専門医をして「こんなに弱い子見たことない……」と言わしめた、ミスター病弱・おちぃ様。病院とペット保険の会社には、足を向けて寝られません。 先日、新しい保険証が送られてきたので、歴代の保険証を並べてみました。 1年に1枚。8枚の保…

小鳥と眠る夜

小鳥を飼っているなら、一日に一度はケージから出して遊んでやりたいもの。我が家のおちぃ様(オカメインコ)も、外で遊ぶ時間が大好きです。 今日のように身体がしんどい日は、おちぃ様を寝室に招待することにしています。夫の枕をどかしてベッドにスペース…

センチメンタル・ホスピタル

今日は母のお見舞いに行って来ました。(関連記事:10月の始まりは手術の話) いま母が入院している病院は、 祖母が母を産んだ病院。 母が私と妹を産んだ病院。 そして祖母ががんの治療を受け、最期の日々を過ごした病院。本人の希望により、葬儀も病院敷地…

10月の始まりは手術の話

明日、母が外反母趾の手術を受けます。老後も元気に歩きたいからと、自ら志願した(?)手術です。 我が家の女系は、代々ひどい外反母趾です。祖母は晩年、家の中を歩くのも辛そうでした。ご多分にもれず私も外反母趾ですが、きっと一生手術には踏み切れない…

ひみつのノート

娘が幼い頃に持ち歩いていた、小さなノートが出てきました。●●は娘の名前、太字は鏡文字になっているところです。 9/10 どようびの●●にっき♡ ホットケーキおきょうわやいたのでとてもたのしかた。 よるわ、やきにくで、きょうわ、さいこー(≧∇≦)うふ♡ 食べ…

夕焼けと 夕焼けが映ったビル 台風が通り過ぎて行った日に、母が送ってくれた一対の写真。 「対(つい)」という言葉は面白いですね。 二つで一つだけど、反対の要素で構成されています。 母はいつも動き回っている人。私はいつも寝ている人。 どちらが良い…

女子(69)

Aちゃんが言う。 「一番仲の良かったBちゃんが、最近冷たくてさー。 だからこれからはCちゃんと仲良くするんだ! 今度二人で初めてランチするんだけど、間が持たなかったらどーしよー。 そうだ、nemoちゃんはCちゃんと仲良かったよね?! お願い、nemoち…

続・弱音上手になりたくて

昨日の記事を読んで、「ママこれ使ってみれば?」と娘がプレゼントしてくれたLINEスタンプ。 とてもよわいぱんだ - にしむらゆうじ|LINE STORE すごい……!弱音のオンパレード!! 普段絶対言えない(というか言葉として思考に上がってこない)ような台詞を、…

おちぃ様

おちぃ様は我が家のオカメインコである。うちに来て7年になる。 生まれつき身体の弱いおちぃ様が、原因不明の病で視力を失ったのは、2年ほど前のことだ。ケージから出しても、かつてのように部屋中をブンブン飛び回ることはない。止まり木のついたスタンド…

若気の至り婚の末路

昨日は娘が乱入し、大変失礼致しました。「何か書いてよー」と冗談で言ったら、ノリノリでPCの前へ……。あとはもう書きたい放題です。訂正したい箇所もありますが、余計傷が深くなりそうなのでやめておきます(ゲッソリ)。 もとはと言えば、娘を授かったこと…

今日は

はじめまして、こんにちは!nemoの娘です。いつも母がお世話になっています。 今日の母は元々薬が切れて体調が優れなかったようなのですが、そこに滝川クリステルさんと小泉進次郎氏の結婚の報が舞い込んだことで大きなダメージを受け、今は寝込んでいます。…

三姉妹と電話のはなし

気の向くままに書いていたら、今日も大おばの話になりました。お時間があれば、昨日の記事も併せて読んで頂けると幸いです。 2019年7月4日『よしこおばちゃんのこと』 死の悲しみは誰かと共有することで和らぐという言説は、どうやら本当のようです。昨晩は…

よしこおばちゃんのこと

7月のカレンダーの片隅に、小さな睡蓮の絵を見つけた。ふと不吉な予感がした。何をしていても落ち着かない。こんな風に胸騒ぎがする時は、決まって悪い知らせが届く。5月の長い長い連休のあとに、よしこおばちゃんが脳梗塞で倒れたという一報が入った時も…

二十歳になった娘へ

というお題で書いてみようと思ったけど、無理!! 恥ずかしすぎて無理!! 手紙に書いて渡すなんてもっと無理!! (ヾノ・∀・`)ムリムリ この恥ずかしさはアレだ、結婚披露宴で親に書いた手紙を読む時のアレだ。でも今の私は花嫁じゃなくて鬼嫁だし、手紙は書いてもらう方…

街へ出よう。洋服を買おう。

大変なことに気が付いてしまった。 1年以上洋服を買っていない。 さらに付け加えると、去年の春に買った白いカーディガンを最後に、それより前の買い物は思い出せない。道理で最近、同じ服ばかり着ているわけだ。鈍い。鈍すぎる。 私の祖母は、身に付ける物…